読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激安&格安!ステンレスを予約なしで買うならココっ~!サーモスグリーンが割引不要の納得価格 | アウトドア

おすすめ
一度8時間たってしまってからカップラーメンを作りましたがなんとか食べられる程度の温度はまだありました。毎日使っています。現場の仕事をしているので、カップ麺をスーパーで買い置きしておいてお昼に食べるために購入しました。

こちらです!

2017年03月06日 ランキング上位商品↑

サーモス ステンレス グリーン アウトドアTHERMOS(サーモス) 新製品「山専ボトル」ステンレスボトル/0.9L/ライムグリーン(LMG) FFX-900ボトル 水筒 アウトドア 保温・保冷ボトル

詳しくはこちら b y 楽 天

でも、思ったよりでかくてビックリ!0.5Lも買いそうです・・・wすでに500mlは持っていたのですが、趣味の登山でカップ麺&コーヒーを飲む時にカップ麺によってはお湯が足りなくなることも有り、今回15%引きクーポンを使い900mlも追加購入しました。バーナーを使ったインスタントラーメンが出来ない場合などでも、これがあればカップラーメンを食べて更にコーヒーなどの温かい飲み物も余裕で対応できます。他の水筒より値段は高いですが、保温性も高いので満足です。このサイズだと二人分使えそうです。口が小さいため小さな氷を入れないといけないですが保温性能は抜群でゴルフで活躍しています。沸騰したお湯を一度入れて中を暖めることでより保温効果が高まると書いてあったので実行しています。山へはもちろん!焼酎お湯割りにもちょうどいいサイズです。カップも大きくなって使いやすいです。少量のお湯でプレヒートさせて熱湯を入れておけば、雪山でもお昼にカップラーメンが食べれる保温力があります。値段は少しお高いかもしれませんが十分な役割を果たしてくれています。今度、スノーハイクで、カップラーメンを食べたいと楽しみにしています。昨年の夏場は手持ちのマグボトルでは冷水(氷水)がゆるぬるになったので夏場の保冷力にも期待します。0.5Lよりも0.9Lの方が保温力がありますが、重くなるので日帰り登山での利用を想定して購入しましたが大正解でした。朝沸かして昼に使いましたが、火傷するかと思うほど熱々で大満足です。今後は拭くか気にしないか!どっちかです...。前の晩にお湯割りを飲んだあと翌朝緑茶を煎れるときに「あつっ」と思うくらい保温に優れています。まずは軽さに驚き♪1リットルパックのジュースを水筒に詰め替えて保冷ボトルとして使っています♪さすがにサーモスなので保冷効果抜群です♪保温効果はまだ試してませんが期待を裏切らないでしょう♪色々使い勝手の良い商品が低価格で買えたので大変満足しています♪サーモスはお出掛けのマストアイテムになること間違い無しです♪大事に使いこもうと思います♪流石の山専ですね。そのまましまうと水が腐っちゃうだろうし、その点だけが不満です。0.5Lと一緒に購入しましたが、容量の大きい0.9Lの保温力はさすがです。朝6時頃に一度熱湯を注ぎ水筒を温めてから注ぎなおし使っていると、お昼でもそんなに冷めていません。冬場はお昼休憩時のスープ!コーヒー!下山後のホットタイムと0.5Lでは少し足りないですが!0.9Lあると余裕です。そういえば!洗った後!自然乾燥を試みましたが!結構乾きませんでした。朝6時くらいから登り始めて!12時くらいに山頂でご飯を食べた時でもカップ麺やコーヒーには十分な温度を保っています。とりあえず、きれいに使いたいので、しばらくはお湯専用で使うことになりそうです。すぐれた保温力に非常に重宝しています。それ以外は素晴らしい商品だと思います。殆ど値引きしないサーモスの山専ボトルが値下げされてて思わず飛びついてしまいました!!元々使ってるので使い勝手は最高です♪山で使うのが楽しみです♪ずっと購入を思い悩んでましたが!これで山で熱々のカップラーメンが食べられます。山仕事なので非常に助かっております。まだ一度しか使っていませんが、保温力が高くていいです。難点は!使わないときに乾かして保管したいのですが!口の大きさ!構造のためか!なかなか水滴が乾かないこと。。もっと早く買えばよかった。在庫があった為!発送が速かったです♪あと!注意書きも分かりやすく書いてあったので!見落とすことなく!購入がスムーズにできました♪お湯を入れて6時間後でも余裕でカップラーメンが作れる程の保温性!お値段以上の商品ですね。旧モデルの500mlモデルを使っていましたが、容量が足りないのでこちらを購入。買って良かったです買おうか迷っているとクーポンが出てきて!おかげで安く買えました。猫舌なのでちょうどよい温度です。到着にはすこし時間がかかりましたが、都度ヤマケイさんからメールが来るので安心して待っていることができました。また暑い時は氷を入れて冷え冷えの水分をとることも可能です。